大野創建について

憧れが、佇む。

ひとの個性は、十人十色と言われるように、建築もまた、そうであってほしいと思います。
その土地が持つ力を最大限に引き出し、相応しさを探すことから始まる設計プラン。
私たち大野創建が創るものは、一つとして同じものはありません。それは、ひとの憧れをカタチにすることに似ています。

想い描いた世界を、実現させる方法

好きなことを根気強く続けることで、想い描いた世界が実現するように、建築プランも同様に想い描いてみたいと思います。
それは、とてもシンプルで大切な考え方。
私たち大野創建は様々な人の想いを受け止め、ディスカッションし、培った技術とアイデアで自然なカタチに展開できるようにと考えています。
決して簡単なことではありませんが、その過程をお互いが楽しんで進めていけるようにと思っています。
また、こだわりのライフスタイルや建築資材なども新しい情報をキャッチし、納期やご予算に応じたトータルバランスでご提案を行っています。

私たちにできること

富山を中心に住宅や店舗の建築・リノベーションを行っています。
どんな家を建てられるか?予算は?建築期間はどのくらいか?など
お客様にとっては一生に一度の家創り、不安も多いと思います。
ぜひ一度、大野創建にお客様のご希望の夢をお聞かせください。

プランニング
住まいが完成するまで

ヒアリング

Click

■ご相談

どんな小さな事でも構いません、こんな家を建てたい・コンテナでカフェや事務所をやってみたいなどお気軽にお問い合わせください。

■現場調査

お客様とご一緒に現地調査(土地・店舗・リノベーション物件など)を行う場合もあり、ワクワクする時間でもあります。

プラン・デザイン

Click

■ベースプランニング・プレゼンテーション

お客様の趣味・ご希望を取り入れ、お客様に合ったプランを、建築士と共にご提案します。

■図面完成

この期間に数回の打合せなどを行い決定していきます。

見積り・調整・工事契約/確認申請

ビルドアップ

Click

■着工

工事着工、地鎮祭を行います。地鎮祭とは土木工事・建築などで工事を始める前に行います。その土地の守護神を祀り工事の無事を祈ります。この後基礎工事着工となります。

■上棟

構造体の完成、上棟式を行います。
週1回の定例打合せを行います。プランの再確認とお客様とのコミュニケーションを大切にしています。もう少しこんな感じに変更したい、クロスから塗装にしたいなど気軽に話し合いを行います。お客様も私達もワクワクとても楽しい時間です。

■竣工:完了検査(指定検査機関による)

手直しを行う場合もあります。お客様・設計士・施工者の立ち合いのもと行います。
お客様からお引越しの日取りや今後の生活のお話などお聞きすると心から幸せを感じます。

アフターフォロー

Click

■アフターサービス

1年点検をお客様と共に行います。
久々にお客様とお会いします。可愛いご家族が増えていらっしゃる・・・なんてことも
大切なご家族の為にしっかりと点検させていただきます。
今後とも長いお付き合いをよろしくお願い致します。

代表挨拶

大野創建のHPをご覧いただき有難うございます。代表の大野文也です。

 私は20歳で大工を目指し20代前半は千葉・埼玉県などで寺院を建てる厳しい親方のもとで修行させていただきました。20代後半は一般木造建築を主とする親方のもと第二の修行を経て30歳で独立しました。
墨付けや刻み仕事など何一つ解らない世界でした。辛い事も多かった修行時代ですが、その分得るものも多く沢山の技術を学びました。

 施工事例にもありますように多くのお施主様との出会いにより希望の家・店舗創りのプランを一緒に考え大工職人として建築に携われる事が心から幸せで天職だと思っています。
また近年はコンテナを利用した店舗や古民家再生・保存も手掛けています。古き良きもの、次世代に残していきたい家屋保存やコンテナなど新しい発想の提案なども大切と考えています。そしてお客様には夢と感動と幸せを与えられるそんな職人でありたいと考えています。

大野創建 代表
大野 文也

スタッフ紹介

最高の家創りのために

追いかける仕事は面白い

時間に追われ、仕事に追われ、目先のことしか考えられない──
そんな余裕のない姿では、広い視野もユニークな発想も生まれない。 仕事を追いかけてこそ、先を考える余裕が生まれ、創意工夫もできるようになる。働くことの喜びや楽しみも生まれてくる。
松下幸之助の名言より

大野創建の家づくりは一つとして同じものはありません。
お客様・設計士・大工が密にコミュニケーションをとりお客様のご満足いただける
最高の家創りをご提案したいと思います。

代表
大野 文也

住まう人の理想を実現したい。

形に。
真心込めて
技術を後世に。

主任
相野 陽紀